赤ちゃんに合った粉ミルクを選んであげよう!

これからママになるあなたへ☆
メーカーさんにうかがった、プロの情報をお届けします。
記念すべき第1回目は 粉ミルクについて⭐︎
みなさんは「粉ミルク」ってどんなイメージをお持ちですか?
生まれてくる赤ちゃんの大切な栄養素、粉ミルクについて聞いてみました。
和光堂 株式会社
営業本部
池田里乃さん
①「粉ミルク」は何でつくられているのか?
主成分は牛乳に含まれている成分です。
ただし、その他の栄養素はメーカーによって違います。例えば和光堂の粉ミルクでは、母乳をお手本にした上で、DHAやヌクレオチド、β-カロテン、
オリゴ糖などを育児用ミルクに配合しています。更に、脂肪酸バランスやたんぱく質、ビタミン、ミネラルも調整しました。
②「粉ミルク」は大きく分けて2種類
0か月からの母乳を目指した「育児用ミルク」と、9か月頃から育ち盛りの乳幼児に適した「フォローアップミルク」があります。
それぞれその時期の赤ちゃんの発育に必要な栄養素を配合しています。
③ママの約7割が「粉ミルク」を使用しています。
基本的には完全母乳が理想です。ただし母乳の少ない方や母乳が出ない方、足りない方のサポートとしてミルクをご利用する事が役立ちます。
現に7割のママ達が何らかのカタチで「粉ミルク」を使用しているようです。
④「粉ミルク」を選ぶポイント
ママ達は母乳をお手本にした、溶けやすいミルクを選んでいます。
すばやく溶ける「粉ミルク」を選んであげることは、お腹を空かせた赤ちゃんのためにも重要なポイントのようです。
必要な栄養素は、健康増進法(特別用途食品:乳幼児調製粉乳)に定められた基準にしたがっていますので、各社の製品の間に大きな違いはありません。
あとは赤ちゃんとの相性が大事☆
ぜひ、ママの目で赤ちゃんに合ったミルクを選んであげてくださいね。